© 2016 tomokowada All Rights Reserved

和田朋子 Tomoko Wada

1986年東京都生まれ。2015年より福岡県在住。2016年に福岡県にて、ガラス作家の髙橋漠とガラスウエアブランド「TOUMEI」を立ち上げる。

『私は作品制作において”作品の素材”が特に大切だと考えており、扱う素材はガラスを中心に金網や拾ってきた木や石、時にはゴミのようなものなど多岐に渡ります。

自分にとって作品制作は、その素材の美しいとか面白いと感じたポイントを拾い上げ、広げていくというシンプルな作業で、見慣れた素材が見たことのない新しい景色になるのではないかという期待とともに制作しています。

私の作品は”空間”や”間”を感じさせるものが多いことが特徴で、展示の際も会場全体で楽しめるような空間づくりを目指しています。楽しめる展示空間にすることで、視覚のみでなくからだ全体で感じられる作品になると考えているからです。

私にとって作品を作ることは、音楽を聴いたり着る服を選んだりドライブに行くようなことと一緒で、気分が良くなる事であり、生活していく中での必然的な行為だと思っています。』

Born in Tokyo in 1986

Graduated from Tama Art University.  

Launched the glassware brand, “TOUMEI” with Baku Takahashi, a glass artist in Fukuoka in 2016.

『I believe that “materials” are especially important in terms of creating art work.   I work with mainly glass but also various materials such as wire netting, wood and rock which I pick up, even sometimes considered rubbish.  It is a simple procedure for me to pick up on a point that I find beautiful or interesting and then expand that idea.  I create my work while anticipating how such ordinary materials could transform into a brand new scenery which you have never seen before. 

One characteristic that can be found in many of my works is that of “ a space ” or “ a room ”.  I intended to create a space where you can appreciate the works in an entire room at an exhibition as well.  The works can then be enjoyed not only visually but also physically, being surrounded in such an enjoyable space.

Creating art work to me is the same as listening to music, picking clothes, or going for a drive for other people. It lifts my spirits up.  It is an essential act for me in my daily life.』